野球のショートの守備上達やノック練習ポイントになります。

ショートには色々な技術が求められます。

内野手の中でも守備機会が多く、守備範囲も広くなります。

左右への動き、強い肩、速い動きなどが求められるポジションになります。

ショートの適正としては、内野手の中でも高い運動神経が求められます。

守備機会が多いだけに失策も多くなる傾向にあります。

ショートの守備上達に求められるポイント

ショート守備では色々な技術が求められます。

  • 逆シングル(バックハンド)
  • ランニングスロー
  • ジャンピングスロー
  • セカンドとの連携や外野との中継プレー
  • 一歩目の速い出だしや深い所からでも投げられるスローイング
  • 曲線的な動きや細かいステップ
  • ポジショニングの調整

など総合的な守備力が求められます。

セカンドと違う点は、ファーストから遠いので要求される強い肩、守備機会の多さなどになりセカンドはショートと逆の動きも加わります。

ショート守備の上達方法

ショートは正面の打球でも直線的でなく、サード方向からファースト方向へ回り込んで捕るのが基本になります。

また一塁までの距離があるために、打球に合わせると内野安打になるケースもありますので、しっかりと前にチャージする技術も求められます。

ノックでは活きた打球や色々な打球で、より実践的に練習していきたいポジションになります。

ショート守備は色々な技術だけでなく、素早さも非常に重要です。

チームナンバーワンのショートになりたい場合や、内野手でレギュラーを獲りたい場合、内野守備を指導したい場合には、川﨑宗則の実践守備マスタープロジェクトが良いんですよ。

メジャーやプロ野球で活躍する現役選手の内野守備の全てが詰まっているんですよ。

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方