セカンド守備の上達やノックのポイントになります。

セカンドの適正や求められる技術は、ポジショニングのセンスや素早くゲッツーを取れる技術になります。守備範囲の広さ・俊敏さ・判断力が必要なポジションです。

ファーストから距離が近いポジションですが、肩が弱いとゲッツーが取りにくいです。

セカンドのポジショニングについて

状況やバッターの力量に合わせてポジショニングを考えます。

振り遅れているのか?それともプルヒッターなのか?ピッチャーの投げるコースや球種での打球方向、試合状況でポジショニングを調整します。

ノックでは左右だけでなく、緩いボテボテの前進するゴロも練習したいです。

前進やセンター方向の緩い打球には、ランニングスローやシャンピングスローも必要な技術になってきます。

実戦的なセカンドの守備練習

セカンドはゲッツーでの二塁ベースカバーに入るタイミングをしっかりと練習したいです。

また中継などの連携プレーも必要です。

小中学生の野球では、ファーストがバント処理をすればファーストベースカバーに入る機会も多くなります。

ファーストから近いポジションですが、正面の打球も曲線的に回り込む様に捕ると送球しやすいです。

センターライン方向は守備機会が多くなりますので、しっかりと鍛えたいポジションですね。

セカンド・サード・ショートの守備上達ならば「川﨑宗則」がDVDで教えてくれますよ。

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方