野球の各ポジションの適正や求められる技術のご紹介です。

守備の適正が分かれば、ポジションを決めやすくなります。

求められる技術が分かればノックや守備練習の参考になるかと思います。

ピッチャーの適正と求められる技術

まず重要視したいのが、しっかりと投げられる技術です。

少年野球の場合には、コントロールの良さや投球のバランスですね。

ストライクが入らないことには務まらないポジションになります。

速いボールが投げられる子や、体が大きな子に挑戦させるのも良いかと思います。

ピッチャーにはピッチングだけでなく、投内連係のバント処理などのフィールディングも求められます。

ピッチングの投球と守備での送球では、リリースポイントも変わってきますし、ピッチャー周りのミスは多いですので、守備練習もしっかりとしたいポジションです。

キャッチャーの適正と求められる技術

近代野球で求められる捕手はフットワークの良い選手です。

マスク・プロテクター・レガースを付けていても動ける捕手ですね。

キャッチング・ブロッキング技術(ワンバウンド処理)盗塁を防ぐ強い肩・バント処理など素早いスローイング・中継や守備の指示・インサイドワーク(リードや配球)と色々な技術が求められる扇の要になります。

まずは肩が強くてキャッチングが良い選手に挑戦させてみたいポジションになります。

ファーストの適正と求められる技術

野手の素早い送球で不規則になるボールや、ワンバウンドしたボールを捕る技術が必要です。

他の野手に比べると素早さは求められないポジションです。

少年野球では体の大きさ、柔軟なキャッチングのうまさで選びたいポジションになります。

ファーストはファーストの難しさはありますが、他の内野手に比べて守備の負担は少ないです。

ですので打撃の良さも考慮して選びたいですね。

セカンドの適正と求められる技術

セカンドはショート同様に曲線的な動きや素早さが求められます。

一塁に近いこともあり少年野球では、体が小さくてすばしっこいタイプが選ばれやすですが、肩が弱いとゲッツーが取りにくいポジションでもあります。

また、セカンドではポジショニングの良さも求められます。

ポジショニング・守備範囲・素早さ・ショートとの連携・中継・ランニングスロー・ジャンピングスロー・逆シングルなどショート同様に色々な技術が求められます。

ショートとの違いは逆の動きと一塁から近いことがあげられます。

サードの適正と求められる技術

セカンドやショートと違い、直線的な動きが求められます。

速くて強い打球が飛んで来るポジションでもありますので、ボールを怖がらずに球際に強い選手に向いています。

引っかけたボテボテのゴロやバント処理では、打球へのチャージが必要です。

一塁まで遠いので強い肩や各種のスローイング(スナップ・ランニング・ジャンピング)も必要です。

ボールを恐れない・直線的な動きが出来る・強い肩などの選手に挑戦して欲しいポジションになります。

ショートの適正と求められる技術

求められる技術はセカンドと同じになります。

さらにセカンドよりも一塁から遠く深いポジションになりますので、強い肩・一歩目の速い出だし・スムーズな各種スローイング技術が求められます。

曲線的な動き・細かいステップ・広い守備範囲・強い肩・連携と内野手の中でも高い運動神経が必要なポジションになります。

バッテリーを除けば一番守備機会が多いですので、チームの中でも上手な選手を選びたいポジションになります。

レフトの適正と求められる技術

レフトは高い捕球能力が必要です。

右打者の無回転で落ちる打球、右打者の大きな当たり、左打者の回転がかかり切れて行く打球など色々な打球の性質が多いのがレフトの守備です。

ですが、外野手の中では守備負担が少なくなりますので、打撃も考慮して選びたいポジションになります。

センターの適正と求められる技術

センターは高い身体能力とセンスが必要なポジションです。

野手9人の中で最も守備範囲が広いポジションがセンターです。

左右や前後への打球にも対応しないといけないために、早い打球判断・速い足・強い肩・ポジショニングのうまさが必要です。

外野手の中で一番速い足(守備範囲)が求められます。

ライトの適正と求められる技術

ライトに求められるのは「速い足・強い肩・スライディングキャッチのうまさ」です。

三塁でもランナーを刺せる強い肩が必要です。

ただし少年野球ではダイレクトでなく中継を挟みカットをするでしょう。

ライトは切れるボールやテキサスヒット性の当たりもあるために、スライディングキャッチも必要になってきます。

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方