少年野球の配球の基本についてです。

まずは「配球・リード・インサイドワーク」の違いの説明になります。

配球とはセオリーに沿っての考え方になります。対バッターのみの考えが「配球」になります。

リードとはピッチャーの球種や調子によって組み立てることです。

また、インサイドワークは頭脳プレーと言う意味で、キャッチャーのインサイドワークは「リードと配球」だけでなく、イニング数・アウトカウント・点差・バッターの特徴など全てを考えて導くプレーを言います。

少年野球では、ピッチャーのレベルも高くはありませんので、基本的な配球を知っておきましょう。

バッターの特徴を観察する

相手チームと初対戦になることが多い少年野球です。

また、何度か対戦していてもよほどのバッターでない限り特徴は把握していないと思います(指導者は要注意バッターは把握する必要がありますが)

まずは配球の基本になる「バッターの特徴」についてです。

☑ グリップの位置(トップ)が高いと低目が打ちにくい

☑ グリップの位置(トップ)が低いと高目が打ちにくい

☑ ベース寄りに立っていれば内角が打ちにくい

☑ ベースから離れて立っていれば外角が打ちにくい

と言うことがあげられます。

もちろん、わざとベースに近寄ってインコースを誘うバッターもいますが、少年野球ではその様な技術はないでしょう。

配球の基本は内から外へ

配球の基本は内から外になります。

どういう事かと言えば、バッテリーはカウント有利にして打者を攻めたいです。

ですので、最初はストライクを取れるコースでストライクを取ります。

ノーボール2ストライクなど追い込めば、今度はストライクゾーンで勝負をしなくて良い訳ですよね。少年野球では、まずは積極的にストライクを取りたいところです。

まだ技術が未熟なために、いつでもストライクが取れるという事もないでしょう。

また、ボールが先行してバッティングカウントで甘い所へ投げれば痛打される可能性が高くなります。ストライクが欲しくて置きに行くピッチングですね。

配球の基本の組み立て方

例えばストレートとカーブの球種があるピッチャーがいるとします。

バッターへの配球の組み立て方は次のボールを組み立てます。

もちろん色々なパターンがあれば有利になります。

  1. カウントボール(ストライクが取れる球)
  2. 勝負球(一番打ち取れる球)

まずはこの2つを考えて配球を考えてみましょう。

打者が反応したか?前の打席はどうだったのか?ボールを絞って狙われていないか?など試合中の内容を考える事も重要になってきますよ。

もし、もっと少年野球の配球について知りたい場合には下記の「配球の教科書」も確認してみて下さいね。

少年野球の配球の基本

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方