近年の野球では、野手は色々なスローイングや素早い送球で不規則な回転がかかるボールも多いです。

ファースト守備に求められることは、後逸しない柔軟なミット捌きになります。

左打者も多くなり守備機会も増えたために、大きめのミットよりもコンパクトなミットが主流になっています。

ファーストの適正は「捕球技術」になります。また体が大きい方が野手の送球に対応しやすいです。他のポジションに比べると足の速さはあまり求められません。

ファーストの守備ポイント

ファーストは野手が投げるショートバウンド処理も重要な役割になってきます。

ショートバウンドを捕るコツは、バウンド直後の跳ね上がりを下からすくう様にして捕ります。

一番難しいのは中途半端なハーフバウンドの跳ね上がりになります。

捕球が無理だと判断したら、ベースから離れて後逸しない事を優先させます。

ファーストの捕球ポイント

ファースト守備では、野手の送球を捕球すると同時にベースを踏む様にすると、送球が逸れた時に対応しやすいです。

右利きであれば右足でベースを踏む様にします。

ファースト守備上達のノック

ゲッツー・バックホーム・連携プレー・バント処理などをしっかりと練習したいですね。

一塁側はベンチにするチームが多いので、もしスペースがあればファールフライのノックもしたいところです。

また左打者が増えたこともあり、長打になる一塁線への強い打球のノックもしたいところです。

ファーストへのノックのポイントは、しっかりと体を打つファースト方向へ向けることになりますよ。

ノックが上達するポイントは、バットコントロールに頼るのでなく、打ちたい場所へ体を向ける事です。

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方