キャッチャーのノックや守備ポイントになります。

まずキャッチャーノックと言えば「キャッチャーフライ」ではないでしょうか?

その他にも、バント処理やブロッキングについての解説になりますよ。

キャッチャーの適正は「強い肩・キャッチングのうまさ・判断力」になりますよ。

キャッチャーフライの捕り方

キャッチャーフライの特徴は、大きくバックスピンがかかり上方へ舞い上がります。

ですので、ボールが上にあがってから落ちて来る時には、ピッチャー側(グラウンド側)へボールが流れていきます。

キャッチャーフライを捕る際に、体をそのままピッチャー方向へ向けているとボールが流れて追いかけてキャッチする形になります。

キャッチの瞬間にボールが逃げて行くんですね。

フライが上がれば「体を真逆に入れ替える事」が重要です。

キャッチャーフライが上がれば、体の正面をバックフェンス側に向いてボールを追いかけます(ピッチャーに背を向ける)

そうする事によりボールが体に寄って来ます(逃げない)ので、ミットを上に構えて捕る事が出来ます。

キャッチャーのバント処理

投内連係でのバント処理は重要です。

キャッチャーのバント処理はノックでなく手で転がすと良いです。

キャッチャーのバント処理は追いかける形になるので、ミットを添えて素早くスローイングします。転がらないボールに対しては、片手で捕ってそのままスローイングしても良いです。

キャッチャーはプロテクターやレガースを身に付けていても、他の内野手同様のフットワークが必要になります。

その他にはホームゲッツーも練習しておきましょう。

キャッチャーのブロッキング

ブロッキングとは、禁止されているホームブロックではなく「ワンバウンド処理」の技術を言います。

ワンバウンドの処理は腰とミットを下まで落として、体を「くの字」に曲げます。

体を「くの字」にする事により近くにボールを近くに落とせるからです。

キャッチャーのブロッキング

サイドに逸れたボールも体を正面に持って行き、ボールは中央のホームベースへ落とすイメージになります。

まずは、この形を身に付けることが大切ですので、最初はボールを転がして形を身に付けます。

慣れてくれば近くからワンバウンドのボールを投げてもらいます。

キャッチャーのブロッキング

キャッチャーフライの打ち方

ノックの中でも難しいのがキャッチャーフライではないでしょうか。

キャッチャーフライを打つのが苦手だという指導者も少なくはありません。

キャッチャーフライの打ち方のコツはバットコントロールも必要ですが、まずは「安定したトス」を真上に上げて打つ必要がありますよ。

キャッチャーフライが苦手でノックが上達したい場合には「初芝清」が教えてくれるDVDがあるんですよ。

キャッチャーフライの打ち方

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方