少年野球のバッティングが上達する指導方法です。

少年野球では、バッティングを難しく説明しても子どもが混乱してしまいます。

  • バッティングの良い部分と悪い部分を見極めれるスキルが欲しい
  • バッティングが上達する指導方法が知りたい
  • 子どもに伝えて教えられるバッティング指導の方法が知りたい

などの場合には”一貫性”のある指導が大切です。

表現方法を変えたりするのでなく、よりシンプルに分かりやすく的確な指導をする事ですね。

そんな少年野球のバッティング指導力が上がるのが「バッティングDVD」になりますよ。

バッティング上達

少年野球のバッティング指導では何故?まで説明する事が重要

例えば「体が開いている」というバッティングフォームの子どもがいるとします。

そんな時には、体が開くのが早い!とだけ伝えても当然子どもは理解できません。

どんな状態を体が開くというのか?(例え)

体が開くとどうしてダメなのか?(理由)

体の開きを抑えるにはどうすれば良いのか?(対策)

までしっかりと理解してもらうことが上達の第一歩になるんですね。

それには当然、指導者がバッティングのメカニズムを理解している必要がありますよ。

バッティングの指導力が上がるDVD

例えば、この子はボテボテのゴロが多いけど、どの部分を修正していけば外野までボールが飛ぶのだろうか?

など、バッティングフォームを見てもその原因が分からない場合には、まだまだ見る目が養っているとは言えません。

また長打が打てるから良いバッターと分かるけど、そのバッターのどのポイントが良いのかも分からないと、やっぱり見る目が磨かれていない事になりますよ。

そんな時には、子どもにも理解できるバッティング理論を教えてくれる「プロ野球選手のDVD」があるんですよ。

色々なバッティングDVDがある中でも特筆すべき点は…

  • 分かりやすい言葉と説明なので子どもにも理解しやすい
  • 子どもに理解しやすい内容なので指導にも導入できる
  • バッティングフォームの一連の全てを順序良く教えてくれる
  • 良い動作と悪い動作を教えてくれる
  • よくあるバッティングの悪いクセの矯正方法を教えてくれる
  • バッティング上達の練習方法が分かる

という一番良い内容のロングセラーなんですね。

これで少年野球のバッティング指導で迷うことはありませんよ。

少年野球バッティング指導

ノック上達の方法を「初芝清」が教えてくれますよ

ノック上達

少年野球チームを強くする方法で日本一に!

強い野球チームの作り方